まだ間に合う、園児募集の説明会で父母の心をつかみ、園児増加を見込める奥の手公開

園児増加を見込める

園を選ぶ時に、保護者が比較することの一つに先生の質があります。

挨拶、笑顔、いきいきしている・・・など見た目でわかることはもちろんです。

質の一つとして、先生のピアノの力量があります。

先生が弾くピアノ、保護者の方から意外とみられているんです。先生のピアノひとつで、園児増加も見込めるということです。

保護者の声を紹介します。

「先生の弾くピアノが子どもの声にあってなくて、今入ってる園では先生の弾くピアノがすてきだったので選びました」

「子どもたちの歌声がピアノにあわせてのびのび聞こえて、こちらにしようと思いました」

「見学に行ったA園では音楽が全然きこえてこなくて、なんだかさびしいなと思って。先生がピアノを弾いてくれてる方を選びました」

実は、先生のピアノを弾く姿や音色が、園選びに関わっていることがあるのです。

・ピアノを上手に弾かなくてはいけないのか
・緊張してしまって上手く弾けない
・・・

そんな風に難しく考える必要はありません。真面目な先生だからこそ陥りやすいこともあります。楽譜通りにきっちり弾く必要はないのです。弾かなくてもいいポイントを知って、簡単にすると、弾きやすくなります。

たとえば、弾き歌いの場合でしたら
・歌詞を覚える
・メロディーを歌えるようにする
・メロディーだけを右手で弾けるようにする
・左手は小節の中でまずは1拍目に入れる

先生がピアノをすてきに弾いていたら、園の雰囲気もよくなり、保護者からの信頼を得やすくなります。完璧にできる必要はありません。

ふだん子どもたちと接する先生が、ピアノを使ってご自身が楽しく保育に携わることができ、子どもたちにも、保護者にも喜ばれる機会になったら素敵ですよね。

先生たちもピアノを弾くことで喜ばれて、楽しく、子どもたちもいきいき声がでたり、動きにつながる。そして先生のやる気が湧き上がってくる、素晴らしいですよね。

ピアノの音色が響く幼稚園が増えたら、子どものたちの心にも寄り添えると思います。前のブログでは園児募集説明会で「なぜ」を使うとよいことを、ご説明しました。

そちらも参考にしてみてください。

ピアノの音色が聞こえてきて素敵な園だな、子どもがいきいき歌ってるな、先生も楽しそうだな・・・ここに入ったらこんなに楽しく充実した毎日をうちの子も送れるのかな・・・と想像させられる園のアピールにつながるピアノの活用ができますように。

関連記事

  1. 園児募集説明会父母の心をつかむ言葉

    使える!園児募集説明会で父母の心をつかみ、園児増加を見込める”ある”言…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。